So-net無料ブログ作成
検索選択

なっとくいかんねえ。〜その3〜 [なっとくいかんねえ。]

バレンタインです。

アメリカはとっても行事が多いことで、大忙し。
何が大忙しか。

それは、
『胃』

明日のバレンタインデーは、プレイグループで子供たちが集まってみんなでお祝いです。
皆さんひとりづつ、何か持ち寄りでお昼ご飯になります。

いつものパターンで、
1.サラダ
2.アパタイザー
3.サンドイッチ
4.メイン(例えば、スープだったり、私のときは焼きそばとお好み焼きだったり)
5.ドリンク
6.フルーツ

と、みんなで手分けして、それぞれ持ち場を決めて、持ち寄ります。

で、いつも必ず、とってもいっぱいデザートがなんだか用意されるんです。
ケーキ、カップケーキ、ブラウニー、パイ、アイスクリーム。
チョコレートなキャンディーまで。


康生は、たったの3歳です。
なんでそんなにいっぱいデザートが必要なのかしら?

明日はバレンタインということで、
ブラウニー、チョコレートの詰め合わせを一人ひとりづつおもちかえり。
それからクッキーとフルーツもりあわせ。

はて?
なんでそんなに3歳の子供の、ただの季節の行事に、食べる必要が有る?

私の小さいときは、チョコレートやケーキは年に一回、誕生日だけ.

意を決し、『なかのいいやつらだ、ここは一つ正直に。』
私はまま友達にメールした.

『ねえ、いつもパーティーでやってて思うんだけど、三歳の子供たちにしては、あまりに甘いものが多すぎない?しかも私たち、2人目のベービーを産んだお母さんたちばかり(4人)だし、ダイエットのプログラムに入ってジムに通っている人もいるし。康生はまだチョコレートを食べさせたことが、無いの。カフェインも砂糖もはいってて、癖になるのも嫌だし、子供たちに食べさせる必要は無いと思うんだけど。』

と。
私の期待、100%『そうねー、みんなダイエット中だし、頑張って甘いものはやめよっかー』ってくるかとおもったら!

全員が『なんで?行事のときはいいんじゃない?たまにしか食べさせてないんだし、子供たちも“choice”することを学ぶべきだとおもうわー。学校へ行ったら四六時中管理できる訳じゃないんだから、社会に出たら、ちゃんと“甘いものは食べ過ぎない”っていういい例にもなるし、しつけになると思うんだけど』

完敗。

って、
康生の誕生日10/19ケーキ
ハロウィーン10/30チョコレート、キャンディーを大袋一杯。
その月に参加するハローウィーンパーティーは毎週どこかでランチやケーキの集まり
11月はジェイクの誕生日、サンクスギビング、で食べ明かし、
12月はオウエンの誕生日、クリスマス、大晦日で毎日食べ明かし、
1月はハンナ、スペンサー、チャーリーの誕生日、そしてお正月で食べ明かし、
2月はバレンタイン。

って、毎月、毎週のように大きなイベント目白押し!!!!!!!!!
食べっぱなし。

それで、”occasionally?"
たまにだからいいじゃない?

たべすぎ。

まじ、
甘いものオンパレード。

ジェイクはお医者さんも認める肥満児。診断に従って、とっても食べ物を制限されている。チャーリーままとハンナのママは有名なダイエットクラブに通って、食べ物を制限中。私とジェイクママは、やせるために、毎朝散歩。

オウエンママはジョギング。(彼女はベジタリアン、栄養士。すごい気をつかって食事をするため、彼女とはとっても話が合う康生ママです。)

で、バレンタインだっていうだけで、3歳児がチョコレート詰め合わせと、ブラウニーとクッキーを、フルコースでランチを食べた後に、いただきますか。





だからー

おまえらー

でぶなんだよー

って、
マジで叫んでしまいたくなる、
メールでのやり取りでしたが.

私、明日のパーティー、どうしようかな.
オウエンのママはいかないみたいだし。





nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

nice! 3

コメント 6

ゆかちん

お久しぶりです。
「これぞアメリカ、肥満大国!」なところで
健康的な食生活をする難しさがひしひしと伝わってきますな。
うちの王様がアメリカに住んだら、喜んで食って病気になって
速攻死んでるな。
by ゆかちん (2007-02-14 11:27) 

cobachi

肥満の国アメリカ、帰国すると日本の人が小さく見えませんか?
最近は日本の小学生でも股ずれができるほど太った子もめずらしくないそうです。選べるようになるって言ったってねー、口にいれたら甘いものを好みますよね。うーん。虫歯にもなりやすそう。
by cobachi (2007-02-14 14:29) 

ヌッシー

同じチョコでもアメリカのは激甘ですしねぇ~
チョコの間にキャラメル挟むなよ…甘すぎるから(笑)

アメリカの諸々の事、見習うことも多いですがお菓子の甘さだけはいただけませんね。
アメリカの人には和菓子のほんのりした甘さは判って貰えないのかなぁ?
(最近の和菓子もたいがい砂糖多めですが…)
by ヌッシー (2007-02-14 17:01) 

masa

それがアメリカ人だぜっっ!!!

と言いつつも、アメリカンジャンクフード好きの俺。

ただいま嫁に怒られ強制ダイエット中。

嫁が買ってきた高級チョコは親に没収された。

今度会うときには誰かわからないと思うよ。

なんつって(・∀・)。
by masa (2007-02-14 22:59) 

敏 悌次

>社会に出たら、ちゃんと“甘いものは食べ過ぎない”っていういい例にもなるし

ママ達は学習してないじゃん!
自分達も食べたいので、口実を作るのがお上手ですねえ。

話は別ですが、教えてください。
エスカレータに乗る時、急いでいる人用に空けておくのは
左の方ですか?右の方ですか?
ご承知の様に日本では関西(左)と関東(右)では違いますが、
アメリカではどちらなのでしょうか?
それとも片一方を空けたりしない?
エスカレータの上を歩いたりしないのかな?
by 敏 悌次 (2007-02-15 18:32) 

Chieko

ゆかちん。ね?全然学ばないし、お宅の王様も全然まなんでないじゃん!ちゃんということをきかせなさいね。
cobachiさん。親が、『あまいものが好きで管理ができない!』って悩んでいますが、食べさせなきゃ、知らなきゃ食べたいとおもわないはず。私たち夫婦は食べる必要がないものは、極力食べさせないで、甘いものを彼らの人生に紹介しなければいいのだとおもっているのですが。
ヌッシーさん。アメリカには本当においしいと思ったことがあるものはないですね。かなしいかな。食文化は本当に最悪です。
確かに肉厚のピーマンと、ニューヨーク州のリンゴはおいしいとおもいます。そのくらいかな〜。日本で子供を育てたい...おいしいもの、季節の風物詩、教えたい...
masa。そうだよー。君こそがジャンクの王者。体壊さないでがんばってよー。ベビーの情報。まってます!
宝塚青年談さま。そうなんですよ。全然ママさんたちが学んでないから、子供の教えられない。悲しい循環です。
エスカレーター。はあ、気にしないで右習えしてましたが、えー。
主人に聞いてみます...仕事を辞めて地下鉄を使わなくなってから、だいぶ経ちますので。
by Chieko (2007-02-20 03:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。