So-net無料ブログ作成
検索選択

まさ。〜国際結婚〜 [国際結婚。]

まさへ。

そうなの、国際結婚って、そんなに大変ではないとおもうの。

で、あなたのお母さんがいうこともわかるわ。
お嫁さんが日本の国になじむように努力するべき。
もし二人が、日本にこれからずっと住んでいくなら.
それは、お母さんが『義理の母』として意地悪をいっているのではなくて、
その方が奥様のためなんだよね。
日本の習慣に早くなれて、日本に住みやすいように、奥様が努力しなくちゃ.
まさはとっても優しいから、奥様が国に帰ると喜ぶって、結構奥様の里帰りをみとめちゃったり、してるようだけど、ちょっと考えてみてね.

家の旦那様も国際結婚組です、わたし日本人で、彼はアメリカの人。

初めこちらに来たときは、日本語がわかるくせに、英語通訳してくれる訳でも、
助けてくれる訳でもなく。
パーティーにいっても、ひとりぼっち。
友達のところに毎週末通い詰めて、みんなとあそんでた。
わたしはそんな彼に、『わたしって、奥様って、たいした地位でもないのね。」って思っていた.

でも、今になって、やっと感謝しているの。

通訳をしてくれなかったのは『わたしが自分でやって、英語力を早く身に付けるため』
パーティーにいっても、ひとりぼっちで助けてくれなかったのは『わたしが早く習慣に慣れて、会話になれるため』
友達のところに入り浸っていたのは、『早くわたしにみんなと仲良くなってもらって、寂しい思いをしないため」

だったんだって。
奥様が、日本に住んで、日本に暮らしていくと決めたなら、あなたはそれを助けるべきだとおもうの。過保護にするのではなくて、助けてあげる.そこに気持ちよく住んでもらうために、何が必要かを作ってあげること。
友人、習慣、食べ物、言葉。

どうしても必要なものを、彼女の力で、得る手助けをしてあげないといけない。

それが国際結婚。難しいのは、どんな形の結婚でも、ちゃんと歩み寄って、一緒に歩いてあげること。何が必要か、わかってあげること。
いつも守ってあげるだけじゃなく、ただただ向かい合って座っているのではなく、
同じ方向で、超えてゆかなければならないものがあれば、お互いに励ましてあげる力を持ち合わせていなければいけない。

それが国際結婚の場合、言葉や食べものや習慣が違うから、日本人日本人の結婚よりも、お仕事が多いけれど、超え無ければならないものがおおいけれど、でも、それだから努力しがいが有るんだよ。国際結婚。すてきな響きでしょ?『みんなよりももっと努力することが多い分、絆が深くなれる』ってきこえるでしょ?国際結婚。ラッキーだと思わない?

ps
家の和風アメリカ人は、とってもかっこいいと思います。
過保護ではなく、そしてさりげなく、何でもやってくれちゃいます。
子育ても全面的に全力で一緒にやってくれるし、
わたしがここに生きていくことを、すべてを全力でサポートしてくれている。
特に気づかなかった心遣いが、パーティーにいくときなんか。
彼のお友達ばかりが来ていると、彼自身も忙しくてわたしにかまえない。
だから、『着物を着ていったら?きれいだから』とかなんとか言っていた。
でも、大正解。そのおかげで、とんでもない人数の人が、わたしの着物と文化についてしつこいくらい聞いてくる。
話すことが無くてコミュニケーションがへたくそでも、誰かが話しかけてくる。
英語が下手で、会話が途切れても、『外国からきた、着物を着た人』で周りは盛り上がってくれて、いろいろゆるしてくれちゃう。

とってもすごい作戦だったって、今頃感謝してる。

国際結婚。
大変だ。
言葉や食べものや習慣が違うから、日本人日本人の結婚よりも、お仕事が多いけれど、超え無ければならないものがおおいけれど、でも、それだから努力しがいが有るんだよ。国際結婚。すてきな響きでしょ?『みんなよりももっと努力することが多い分、絆が深くなれる』ってきこえるでしょ?国際結婚。ラッキーだと思わない?

『文化が違って、言葉が違って、外の国から来た方が、いっぱい苦労するの』が国際結婚と考えるか。
『二人で超えなくちゃいけないものがたくさんあるから、一緒に努力していく意味が有り、絆が深くなって、ラッキー』が国際結婚と考えるか。

わたしは、二人でいろんなことを超えてゆきたい。助け合いながら、背中を押し合いながら.一緒の方角に一緒に向かって歩いてゆきたい。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

masa。

やばいっ!!タイトルに俺の名前が!!
ふざけずに真面目にコメントしたいと思います。

いつも両親に言われてる事。
わかってるんだけどね。
優しいとかじゃなくて、最初はストレスをためないように
やってくれればいいかなと言う思いでアパートで二人暮し。
近くに彼女の姉や友人が住んでいるし。

最近は英語の日本料理本や、ひらがな、かたかなの勉強を
自分でやってる。日本語は普通に話せるけどね。
頻繁に実家に帰るし。

俺自身近くに友人があまり住んでいないため
友人たちとの交流はあまりないんだよね。
なるべく盆正月などは夫婦で会うようにしてるけど。

彼女の実家については、近いから休みも取りやすいし
物価も安いし、宿泊代いらないし、経済的理由も大きく影響
しています。薄給の俺は・・・。

実際アメリカ(ロチェスターやバッファローの田舎町)に住んでみて
日本語、日本食の無い生活を経験してるから
異国での生活の辛さがわかるし、
職業柄、家で食事する機会も少ないし、親が共働きだったから
お袋の味なんてないし、ほんの少しやんちゃだったから
家族、親類の交流なんてほとんどなかった。
日本の風習なんかも関係なかった。
好きなように生きなさいって言われてたから、
彼女に何も言えません。

もう少し待ってください。
お互い協力して
徐々に頑張っていきたいとおもいます。

なかなか旦那のようにはできませんが、
国際結婚の先輩として、
これからもアドバイスをよろしくお願いします。

p.s.
国際結婚は大変だけどおもしろい。

俺のほうが彼女の国の文化にはまってるのが
問題か!?

生活習慣、食事、言葉、音楽、映画等。

もうすでに英語より理解してるし。
6~7割はわかっちゃう。

彼女より俺に責任がある。

俺自身、もっと日本を好きにならないといけないな。

新婚旅行はアメリカにしよう。

ちゃんと彼女を紹介します。

いつになるかわからないけど。

長文でごめんなさい。
by masa。 (2007-02-21 23:29) 

Chieko

びっくりしたね、まさ。でも、これも毎日私が考えて生きていることの一つだから、ま、私がこうやってわざわざ記事にしているのは、私自身の考え方の整理をしているだけですが。まさも、わかってるでしょ?そうだって。がんばれ。アメリカで待ってますー。
by Chieko (2007-02-22 04:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。